https://blog.with2.net/link/?1915058

ほくそ日記

妄想だいすきほくそのリアルな日常

教師と初めまして②

教師と初めまして① - ほくそ日記

落胆されながらもお店に到着。

お店に向かう道中
一切話しかけてこない教師。
明らか2人並べる道幅なのに
先にスタスタ歩いていく教師。


すでに心がズタボロのほくそ。


ほらみろ言わんこっちゃない
《だからお前にアプリは早い》
という悪魔のささやきが聞こえた。



お店に到着。


祝日だからと予約をしてくれていたが
お昼時なのにお店には1組しかいなかった。


その1組も私たちが入店してすぐ出て行った。


気まずい。


とりあえずランチセットを注文。

気まずい。


お客がいないせいかすごい速さで料理が出てきた。


バジルがたっぷりかかった
鶏肉料理がでてきた。


嫌な予感がする。



教師「ほくそさんってすごいクールそうだよね


ほくそ「いや、全然そんなことないですよ。人見知りすぎてそう見えるのかな」


教師「オレ、よく笑う子がタイプだから



だからなんだ
君は当てはまらないといいたいのだろうか


教師「どんな人がタイプ?」


ほくそ「わたしもよく笑ってよく食べて気の合う人がいいです」


教師「小学生みたいだね」


ほくそ「……ははは、そうすかね」


かえりてええええええ

今すぐかえりてええええ

絶対に気が合わねええええ



教師「なんかほくそさんキャリアウーマンみたいな格好じゃない?」


ほくそ「そうですか?仕事できそうに見えます?」


教師「いや、それはなんとも…。別に褒めてるわけではないし休日なのに仕事みたいだなって思ったからさ」


なんだコイツ


私たちショタイメン


正直、わたしは服装のことを言ってくる人が苦手だ。


ファッションは自由や。


そういうあなたこそスーツのズボンはダボダボ、シャツはシワシワ。自分の格好気にしなさいよ。私服絶対ダサいだろっっ


と言いたいのを我慢した。


お会計

店員「合計で2千円になります」

教師「千円ください

ほくそ「ああ、はい」


まあ、二度と会うことはないだろうし、後腐れない方がいいから払おうと財布だしてたけど…なんだかな。
店員さんも苦笑いしていた。後で請求してくれていいからせめて、その場だけは払ってくれよと思った。



お互い午後から予定があったのですぐ解散。予定がなかったとしても絶対にその後どこかに行ったりはしなかっただろう。

別れてからトイレへ。

歯にバジルがガッツリついていた。

はずかぴ

これじゃ絶対恋は始まらないと思った。


その後会った幼なじみ2人(2人とも既婚者)には
「一回じゃわかんないよ!職業も安定だしもう一回会った方がいいって」


と強めに言われたけれど、あの日以来一切連絡を取っていない。


そしてアプリも帰りの電車で退会した


婚活パーティーでも合コンでも会った時に、わたしはタイプじゃないんだろうなってわかることはよくあるけど、一対一で明らか落胆されるのを目の当たりにするのは精神的にキツイな…と思った。


もうマッチングアプリはやらないかな…。

教師と初めまして①

ついに、ついに

ほくそ、アプリで男性に会いました。



わたしには絶対ムリだろうと思っていた
アプリでの出会い。


会う日程は決めていたけれど、LINEに移行してから3日で連絡が途切れ不安だった。しかし前日にお店予約しましたとの連絡が。(正直嫌いな食べ物も聞かれていないし、急にお店を決められてびっくりしたけれど、今のご時世予約を入れてくれるだけでありがたいと思うことにした)


当日、集合場所に着くまでに
何度引き返そうと思ったことか。

(お昼集合で、夜からその付近で幼なじみと会う用事がなければきっと引き返していた)


いつも通り、だいぶ前から待機するわたし。
そして集合時間5分前に、つきましたよと連絡した。
(なぜか相手からは全然連絡がこなかった。こちらの出方を見ていたのかもしれない)

相手はスーツでくると聞いていたのでスーツ姿の男性を探した。


いっぱいいる。


モロ待ち合わせに使われる場所だったのでものすごい人だった。


会える気がしねえ。


とりあえず目印になりそうなところで待機。

そこにいることを伝えるとすぐ写真のまんまの人が現れた。


よく、全然違う人が来ると言われるアプリの出会いで、本当に写真のまんまだった。なんなら写真よりも実物の方が少しだけかっこよかった(スーツ姿だったから余計かもしれない)


キョロキョロしていたので、わたしから声をかけた。


ほくそ「はじめまして〜教師さんですよね?ほくそです」


教師「ああ、はじめまして…」



明らか落胆されてるwwww

こんなにわかりやすい人もいるのかと笑えてきた。このランチが地獄になることを確信したほくそだった。

お久しぶりです

ほくそ、生きてます。
なんなら絶賛婚活中です


遂に、遂に、
婚活アプリで会います。


実は、なかなか出会いがないと
別の婚活アプリに登録していました。


*以前、登録した時の話はこちら*

退会しました - ほくそ日記


今までの経験から

いいねされたらビビらずに返す→メッセージはめんどくさがらずに返す→よさそうだったらLINEへ移行する→会ってみる


徐々にステップアップしていったほくそ。


長かった…会うまで長かった
(まだ会っていない)


こういうので絶対に出会うことはないだろうと思っていた数年前のわたし


会うぜ



ただ、ビビり野郎に変わりないので今回も自分の中で条件はつけた。


写真、プロフィール欄に記入がない人

芸能人の写真を載せている人

SNOW写真を載せている人

あまりにも歳上歳下な人


からはいいねされても返さなかった。


そして色々な人とやりとりし
ようやくこの人なら会っても大丈夫かな
と思える人に出会えた。




相手は教師らしい。

正直最初は信じていなかったけれど
やりとりした感じがよく
LINEへ移行したら
本名(フルネーム)だったので
早速ぐぐってみた←


教師でした。


写真も沢山あったけれど
顔は……
あまりタイプではない(小声)


ただ、私もアプリの写真は
自分の中でさいこーに
盛れたのを使っているので

きっと残念がられるだろう。


今から緊張で胃が痛い。
気の合う人だといいな。


しかしLINEへ移行して3日目
すでに連絡が途絶えている。
会うのは来週…嫌な予感…。

シユン君とご飯②

帰りたい帰りたい失礼極まりないやつと思われてもいいこのまま何事もなかったように帰りたいが頭の中エンドレスで流れる中での合流。

シユン君とご飯① - ほくそ日記


シユン君「久しぶり〜コイツが面白いヤツです」


大巨漢「こんにちは、面白いヤツです」


私たち「はは(乾いた笑い)」


大巨漢は(大巨漢は失礼な気がするので以下ヒロさん)ぽっちゃり可愛い〜感じではない。最近痩せて話題になった、ヒロのような見た目。頬が黒くコケている。


正直苦手だ(結局失礼)


これからどうなるんだろうと思いながらお店へ



シユン君が誘ってきたからお店も選んでくれるのかと思ったら、お店はほくそさんのおススメの所でと言ってきたので私が提案したしゃぶしゃぶ屋になった。


予約はシユン君がしてくれた。しかし正直、自分からしゃぶしゃぶを提案したけど、提案してから激しく後悔していた。

ほぼ、初対面に等しい人たちと鍋をつつく。
なぜ、コレを提案したわたし…と。


ましてやつつく相手がこの大巨漢


彼は寒いのに薄いジャンパー1枚。


見ているこっちが寒い。


鞄はボロボロ。


ファッションセンスがあるわけではないし、人の服装にアレコレ口を出すのは嫌いだけれど、靴と鞄はいいものを身につけろ。


男ならなおさら服装大事だろ!と早々にイライラしてしまった。


横でモカが
シユン君すごいイケメンじゃない?びっくり!
と言っていた。よかった、やる気出してくれて。


お店に到着。


話の内容は詳しく覚えてないが…


ヒロさん176㎝125キロ
ヒロさん市役所職員
ヒロさんスノボに野球と意外とアクティブ


気づいたらヒロさんの情報ばかり


なぜならヒロさん見た目は無理だけれど話はとても面白く、喋りやすい。空気感合う気がする。モカも終始爆笑していた。


一方シユン君は、


しゃぶしゃぶを毎度必ず菜箸を使って取り分けてくれた



全然気にしないでくださいと言われたけれど常に取り分けてくれた。



そのおかげで懸念していたしゃぶしゃぶもストレスなく食べることができた。


シユン君気を遣えるいい子だと思う。

そんなシユン君にモカはメロメロだったらしい。(相変わらず言い方が古くさい)



しかしシユン君、ヒロさんをめちゃめちゃイジる。

毎回こうやっていじってるんだろうなぁと思うけれど、イジる人がいるからヒロさんの面白さが引き出されるのかもしれないけれど、わたしの好きないじり方じゃない←


うまくいえないが


を感じない


やっぱりシユン君とは合わない気がした。





駅でお別れしモカと女子会ならぬ本音会。


モカはシユン君素敵と速攻連絡を送っていた。


うまくいってほしい。



今見ている韓ドラにホンモノ
ユンシユンが出ているのだが、それまで好きでみていたのにこの食事会以降見られなくなってしまったのは何故だろう。


今年も極寒の冬の気配が…するなあ

シユン君とご飯①

だいぶあけましたが…
明けましておめでとうございます。

今年こそ結婚報告するぞ!
と、全く成長しないけれど
気合いだけはあるほくそを
今年もよろしくお願い致します。




実はあの年下合コンで、シユン君だけ個人的に連絡をくれたので何通かやりとりしていた。

またまた年下との合コン① - ほくそ日記

またまた年下との合コン② - ほくそ日記


シユン君《ご飯行きませんか〜?》


何通目かのやりとり後、ご飯に誘ってくれた。


ただ、申し訳ない。シユン君とのやりとりがここ最近結構苦痛だった。

身長は少し低いけど、見た目もユンシユンに似ている。性格もこの間のメンバーの中では1番明るかった。


だけど、何か合わない。
何が?と言われると分からないが何かが合わない。私の返信は素っ気なかったと思う。

しかし、返信が素っ気なくても、前回の合コンであんな発言しかしていない+見た目が決していいわけではない=好かれる要素0でもご飯に誘ってくれる人をこのまま切ってしまうのはもったいない。

もう一度会ったら意外と気が合うかもしれない。


しかし2人ご飯は気が重い。
お互い友達を誘おうと提案した。



こちらは安定のモカ。


モカに、わたしお邪魔虫じゃんと言われたけれど、モカにも新しい出会いがあるかもしれないよ、と頼み込んだ。


どんな子がくるのかとモカに聞かれ、そういえばいつもならメンバーをすごく気にするけど今回聞いていなかったなと、どんな子がくるのか聞いてみた(直球)



シユン君《面白いヤツです。ハードル上げときます》



うーん…面白い……これは…
どっちに転ぶか


モカには、ほくそに気があるんだから絶対友達イマイチだよと言われた。


頼んでおいて文句を言うのも忍びない。当日までの楽しみにしようとそれ以上はつっこまなかった。



当日、モカと別の場所で遊んでいたので電車に乗り集合場所へ向かった。


集合場所は駅の改札。


電車の中でシユン君から《着きました。予定通り改札にいます》と連絡がきた。


駅に着き、緊張するよねとモカと話しながら改札をちらっと見た。


シユン君の横……


大巨漢
※推定100キロ超



ほくそ「ちょ、ちょっと待ってモカ。多分あの2人組なんだけど」



モカ「え?あの2人組って…アレ。ねえ、このまま引き返していい?


ほくそ「帰るのはさすがにまずい。ちょっと一旦違う改札から出よう」


一旦、違う改札から出た。


モカ「ほんとにあの2人組なの?」


ほくそ「視力0.6


モカ「よくないじゃん。本当にあの2人?ほくその見間違いってことわ…」



ほくそ「まちがいねぇ。絶対あの2人。それに改札のところ他に人いなかったじゃん。」


モカ&ほくそ「かえろ


しかし私たちにそんな勇気はない



無言のまま集合場所へ向かった。

釜山行き

原題
부산행
邦題
新感染 ファイナルエクスプレス




これだけ恋愛系をネタにし書いているが、
実際、ドラマも映画もあまり恋愛モノはみないほくそです。



この映画は韓国で話題になっていて、大好きな韓国俳優のコン・ユがでている+恋愛モノ(まあコン・ユがでていたら恋愛映画でも観ていただろう)でもないので日本公開を待ち望んでいた。


ただ、わたしはホラー映画が大の苦手だ。

この映画はゾンビ映画
絶対に苦手な部類。

しかしコン・ユみたさに日本で公開後すぐ観に行った。



観てない人もいると思うので(以前、観たいけどまだ観れてなかった映画のラストを言われ少しだけ殺意が湧いたことがある)詳細は言えないが、簡潔にあらすじを説明すると…


韓国で感染するとゾンビになるウィルスが蔓延。娘と釜山行きの高速鉄道KTXに乗っていた主人公。そこに感染者が乗り込んできて…


とにかく、次から次に感染していく。
これでもかと感染していく。



ただの怖いゾンビ映画かと思っていたけれど、人間ドラマもあり何度かホロっとさせられた。

そして究極の状況に追い込まれるとその人の本当の姿が見える見える。見た目もキチンとして良い人そうと思っていた人が意外と酷かったり、汚くて変な人だと思っていた人が優しかったり…

人は見た目で判断できないのね。



わたしがもしこのKTXにいたら誰に1番共感するだろうと考えた。


結果、1番欲まみれで最悪なおじさんだった


そんな自分がいやになった。




あと、キャストもすばらしかった。コン・ユみたさに行ったけれど、マ・ドンソクがかっこいい!とてもかっこいい!惚れた。


あんな旦那がほしい


観た人なら必ず共感してくれると思う。みんな観てほしい。



コン・ユの娘役のスアンちゃん。声がとにかく可愛い。顔は結構個性的で一度みたら忘れないだろう(将来いじらないといいなとおばちゃん目線で思ってしまった)
声だけでなく、性格も非常に良い。


あんな娘がほしい




時間があっという間に過ぎた。

新幹線並みにあっという間だった。



ただ、ゾンビはグロい

ホラーが苦手なわたしはその夜ゾンビの姿を思い出し眠れなかった。


なんなら今でもまたこの記事を書いていて思い出し、今晩寝られるかちょっとわからない。




最初はコン・ユみたさにみた韓国映画だったけれど、韓国映画って恋愛系ばかりじゃなくこういうのもすごく面白いんだよなと改めて感じた映画だった。



観た後いろんな人にオススメした意味でも2017年1番良かった映画だと思う!







#2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》

Sponsored by Netflix

またまた年下との合コン②

大人な漫画が好きを(これもコレで違うか…日本語難しい)成人漫画が好きと言い間違えたほくそ。


またまた年下との合コン① - ほくそ日記


終わった。


こいつ何いってんだといわんばかりの重苦しい空気。

自分でも自分が何をいってるかわからない。


誰か、私を助けてください。


なでこちゃんはすごく緊張しているのが伝わってきたからわたしの発言を聞いていたかわからない。

クールちゃんは初対面。しかも一個上の女に突っ込むのは気がひけたのだろう。


フェス子さんは飲んでいる。



男性陣はあきらかひいていた


そこで「なにいってんすか〜」とツッコンでくれる男性がいたらもしかしたら好きになっていたかもしれない。

しかし現実は、男性陣みなひいていた。

あれ、パントマイムの世界に迷い込んだかなと思うくらいの静寂ぶりだった。
(今だからこんなふざけたことがいえるけれど、あの時のわたしは誘ってくれたなでこちゃんに対し、こんな空気にしてごめんなさい、本当に場数しか踏んでないんですごめんなさいと謝罪の気持ちでいっぱいだった)


その後は大人しく過ごした。
車で来ていたので飲めないことをこんなにも後悔したことはなかった。


今回は男性陣の中でも初対面の子同士がいたからか、盛り上がりに欠けた。

何度か沈黙になることがあり、その度にクールちゃんが一生懸命盛り上げようとしてくれていた。

でも最終的に疲れてタバコを吸っていて申し訳なかった。

やっぱり合コンって見た目だけでなく盛り上げメンバーがいるかいないかが重要だよなぁとあらためて感じた。


クールちゃんが気を利かせてLINEのグループを作ってくれたけど次はないだろう。