https://blog.with2.net/link/?1915058

ほくそ日記

妄想だいすきほくそのリアルな日常

理想のタイプと言われましても妄想でしか話せませーん

今週のお題「私のタラレバ」

 

 

 

合コンで知り合った男の子とご飯にいった。

(顔が犬っぽいから以降、犬君)。

 

 

犬君「ほくそちゃんの理想のタイプわ?」

 

 

 

ほくそ“好きになった人がタイプです♡”

 

 

 

なんていうできた女ではない。

 

 

ほくそ「ふふふ、いっぱいありますよ。見た目だと…身長が高くて色白細身でスキニーパンツが似合う人。顔は薄顔、目は奥二重だったら最高です。あ、髪型はマッシュすぎない黒髪マッシュ。やっぱり男は黙って黒髪派なんで。芸能人でいうと岡田将生くん!」

 

 

犬君「イケメン好きなんだね。中身はなにかないの」

 

 

ほくそ「もちろん、中身も大事ですよ。面白くて優しくて私の話になんでも笑ってくれれば言うことなしですね。あ、でも時々Sっけがないとつまらないかもしれないなぁ。適度にお兄ちゃん感もあったらいうことなしです」

 

 

犬君「うん、そろそろ現実みようか」

 

 

 

 

あの話をしてからだんだん犬君の口数が減っていったんだよなあ…と深夜、コタツに入ってみかんを食べながら録画したまま放置していたタラレバ娘第1話をみながら思った。

 

 

犬君、理想とはかけ離れてたけどちょっと好きになりかけてたのに。おしいことしたな。なんでツラツラとタラレバ喋っちゃうよこの口わ。

 

 

タラレバばっかり言ってたらあっという間におひとりさまで還暦を迎えるだろうとチョッピリ怖くなった夜だった。