ほくそ日記

妄想だいすきほくそのリアルな日常

カップリングした人とご飯③

初めてカップリングした話 - ほくそ日記
カップリングした人とご飯① - ほくそ日記
カップリングした人とご飯② - ほくそ日記


突然のお誘いをうけ急遽会った理系くん。


理系のくせに(言い方悪くてすみません)
毎度クラッチバッグの理系くん。

なんだろう、何かが残念なんだよな。
オシャレに気を遣ってるのはわかるんだけど、どこかが残念なんだよな。
クラッチバッグって結構難しいファッションアイテムだと思うんだよな。
総合的に様になるのって難しいと思うんだよな。

と思いながらの3回目。


今回こそお店予約してあるのかな?
スムーズに案内してもらえるのかな?


理系くん「ご飯、どこにします?」


ほくそ「あ、決めてない感じですか?」


理系くん「はい。まあ適当にどこでもいいかな〜と思って。何か食べたいものあります?」



はあ〜ないないないないない。

祝日で人も多いのにこの計画性のなさ。

ないないないない。

まあ、わかってたことだったけども。



案の定どこも混んでいて、結局わたしが勝手に決めた和食屋へ。


10分ほど並び店内へ。



ほくそ「なんか、勝手に和食選んじゃいましたけど、よかったですか?」

理系くん「特に食べたいものもないんでなんでもいいです」


…………


気まずい。


でもでてきたご飯がうまいのが救いだ。
ここにしてよかったと1人思っていた。


料理を食べ始め数分後。


理系くん「ちょっとトイレ行ってきます」


戻ってきて数分後「ちょっとトイレ行ってきます」


おい、大丈夫か理系。


わたしもトイレが近く、家族からはトイレばっかで絶対あんたと旅行行きたくないと言われるけど、理系くん行き過ぎじゃない?
わたし、まだ1回も行ってないよ。



ほくそ「大丈夫ですか?」


理系くん「大丈夫です。久しぶりにまともなご飯食べたからお腹がびっくりしているのかもしれません」


ほくそ(°▽°)


理系くん「ほんと食べることに興味ないっていうか、コーヒー1杯で過ごすことも多くて…。だからまともなご飯食べるとお腹壊すんですよね」


ほくそ「ほお…」

フクロウ鳴いた?みたいな反応しかできなかった。



理系くん「朝ごはんとか絶対食べないですもん。食べたらむしろ気持ち悪くなるし。」


わたし、朝、一番食べるぞ。
何かの番組で朝いちばん食べるのがいいって言ってたぞ。
最近のお気に入り冷食のロコモコ丼だぞ。
仕事の日は5時起きだけど、5時からロコモコ丼だぞ。


ほくそ「ほお…」

二羽目のフクロウが鳴いた。


理系くん「食べてる時間が勿体無いというか。学生時代研究ばっかしてたからですかね。栄養も注射で足りるなら注射だけで生活したいですよ」




そんな人の隣で美味しくご飯食べらんねえ。





その後も何度かトイレに行く理系くん。
その都度気になって仕方ないほくそ。


こんなにご飯の味がしなかったのは初めてかもしれない。

理系くんは、残すのはよくないと思いますからと一生懸命食べていた。

そしてお店を出た後またすぐトイレへ行っていた。





いっぱい食べる君がすき〜♪

そう、わたしはいっぱい食べる人がすきだ。


痩せの大食いが好きだ。



男性にはわたしよりも食べてもらいたい。

理系くん、スペックは申し分ないけど無理かな。

「食」って大事やん。

「食」って、大事やん。

(大事なことなので2回言いました)


本当は、ご飯のおかわり自由って書いてあったからおかわりしたかったけどやめておいた、ちょっぴり女子なほくそだった。



婚活ランキングへ

広告を非表示にする