https://blog.with2.net/link/?1915058

ほくそ日記

妄想だいすきほくそのリアルな日常

警察官と合コン②

警察官と合コン① - ほくそ日記

いざ、始まった


まだ相手は3人しか来ていない。
そしてわたしの前は見た目が
蛭子さんをスマートにして声を低くした
ネズミみたいな顔をした人(以下ネズミさん)


斜め前はお目目がクリクリで
可愛い顔をした男の子(以下、クリ君)

でも、その子の前には清楚女子。(花柄スカートではない方だが八重歯が特徴的だったので以下、八重ちゃん)


そして奥には、
巨大な男性(以下、巨体くん←失礼)
その子の前はもう1人の清楚女子。(花柄スカートだったので以下、花ちゃん)


もう1人は遅れてくるとのこと。


miwaの前は空席。



巨体くん「初めまして〜。まだ1人来てないけどとりあえず自己紹介しよっか。花ちゃんと俺は高校の同級生です。もう聞いてるかもしれないけど、俺は既婚者なのでみんなで楽しんでね〜」



巨体くん、いい奴。
初っ端から既婚者だと教えてくれるなんて
いい奴。

でも奥さんには同僚とご飯を食べに行くと
伝えてるらしい。
あながち間違ってはいないが
奥さんの気持ちを考えるとやっぱり複雑。

別に幹事だからという責任感はいらない。
貴重な独身男性を越させる方が
よっぽどいい奴、前言撤回!


そしてこのタイミングで遅れていた1人がきた。


イケメン!


将来、少し頭皮が心配だけれど
鼻が高くわたしの好きな切れ長な目の
イケメンがきた(以下、イケ男)

女性陣も一気に前のめりになった気がする。


・クリ君は23歳
明らか1人ピッチピチだなと思ったけどやっぱり若かった。

・ネズミさんは1番年上

・イケ男は2個上
女性慣れしている感じがした。

※イケメン→イケ男、ネズミくん→ネズミさん
巨体→巨体くん
(どうでもいい。言われなければ気づかないレベル。気になりました。どうでもいいとこ几帳面なA型です。)


巨体くん「みんな職場の同僚です。ちなみに職業は警察官です」


ほくそ「警察官!!!」


1人大声を出してしまった。


巨体くん「あれ、聞いてなかったの?」


聞いてない。
頑張ろう。


こちらの自己紹介も終わり
それぞれ飲みはじめた頃、



八重ちゃん「このジュースあまーい。飲んでみて?」

と目の前のクリくんに差し出した。

クリくん、クリクリお目目を
さらにくりっくりにさせ
いいんすか…と照れながらのんでいた。



でたー!カサネテク上級者編
美味しいよ
と言いながらグラス差し出すやつ!
でもmvでもはっきり
飲んでみて
とはいってなかった。
この子すごい。まだ開始10分。



するとまたまた八重ちゃんが
イケ男が旅行好きと知り


八重ちゃん「わたしたち今度◯◯(←忘れた)に行こうと思うんですけど、あそこって道すっごく険しいんですよ〜。女2人だと辛いよねって言ってたんでよかったら行きません?」

イケ男「そうなの!いいよいいよ、行こう」

八重ちゃん「やった」

花ちゃん「なら車すきだって言ってたしクリ君もいこう!運転してよ」

クリ君「あ…はい。行きたいです」



おいおいおい、わたしとmiwaと巨体くんはいいよムシしてくれて。間に挟まれてるネズミさんかわいそう…



そこから車の話に…
男性陣みんな車好き。

男性で車嫌いな人っていないよなぁ。


miwaはMTをとるくらい
車がすきなことは知っている。

でも女性で車の話すきな人いないよなぁ
と思っていたら

花ちゃんは車屋さんに勤めているらしい。
八重ちゃんも車好き。

miwaと八重ちゃんが好きな車について
熱く語っていた。


miwaが楽しそうでよかった。
わたしが頑張らなきゃと
意気込んで来たけれど
その必要もない。
むしろ、わたし、頑張れ
全然喋れてないぞ。


でも車に全く興味がない。
知らないから下手に喋れない。
でもとりあえず場を
シラケさせてはだめだと
作り笑顔で頑張った。



カサネテクでは
作り笑顔⇨上目遣い
こそモテテクだが


ひたすらほくそ笑んだ。
どうせ誰も見ていない。
なんだ、このつまらない飲み会。



車の話、長い。



そろそろ辛くなってきた。
一杯目はジンジャエール
控えめにしたけれど
次、何飲むと聞かれ思わず

「生」

と言ってしまった。

言った後、
あぁ、やっちゃったと思ったけれど
あまりのつまらなさにまあいいかと開き直った


やっと車の話が終わったと思ったら
次は出身校の話。


完全にほくそ笑いで疲れ切っていた。


しかしまさかの
イケ男と 同じ大学出身


あまり出会ったことがないので
ちょっぴり盛り上がった。


これはもしかしたらイケるかもしれないと
ただ、同じ大学出身というだけで自信をもった。



数分後


イケ男「あれ、ほくそちゃん大学どこだっけ?


ほくそ「え…」


うそだろ


同じ大学だろ


結構盛り上がっただろ



もしかして妄想。すべてわたしの妄想…


わたしに興味なさすぎな


同じ大学ですよねといったら
謝られたけど、興味なさすぎ。



その後はひたすら飲んで食べた。

少食な子にみられるように
実は、飲み会の始まりが遅かったため
miwaと軽く食べに行っていた。


わたしは結構大きいホットドッグ(軽くじゃない)を食べたのに…食べたのに


お腹いっぱいと残していたイケ男の分の
骨つきソーセージをもらってしまった。


もうカサネテクのカの字も思い出さなかった。



後半は、既婚者が最初に、
俺は今日みたいなもんだからと
言っていたのに、奥さんとの馴れ初めを
語りだしそれをみんなでずっと聞いていた。

最初は楽しく聞いていたけれど
だんだんいつまで続くんだ
人の幸せをニコニコ聞いていられるほど
心広くねぇと思ったが、最後まで聞いた。
産まれてくる赤ちゃん、楽しみだね。



miwaとお先に失礼した。
お会計はキッチリ割り勘だった。




帰宅。



モカから連絡


モカ“今日は飲まないって言ってたけどどうだったの?”


ほくそ”八重ちゃんに「飲める子ってかっこいい!羨ましい」って言われ気分がよくなり、いつも以上にのんじゃったんだよねぇ〜”


モカ”ほくそいい踏み台じゃん”


そういえば、羨ましいって言った後
「わたし、お酒飲むとすぐ顔赤くなっちゃって恥ずかしいんです…」
と手を顔の前でパタパタさせてたな。

可愛かったな。



わたし、完全に踏み台や。




モカ“最近ハマってるカサネテクは使ったの?”

ほくそ“……カの字もでてこんかった

モカ“………どんまい”




前日呪文のように唱えたのに



ほくそ、芋焼酎ロックを注文

男性陣「さすがー」

ほくそ、ビール一気飲み

男性陣「すご…」

ほくそ、あまり酔わないことを熱弁

男性陣「へぇ〜…そうなんだ…」



逆に男性に使われた。


でも、女性が使うときはテクニックになるのかもしれないが、男性が使う「さしすせそ」は興味ないときの適当な相槌なんだなと学んだほくそだった。