https://blog.with2.net/link/?1915058

ほくそ日記

妄想だいすきほくそのリアルな日常

はじめてのマツエク

なぜだろう、いい女感を出したくて
ちょいちょい美容系をかいてしまう←


初めてまつ毛エクステ(マツエク)に
行って来た。


きっかけは、あの合コンで出会った
清楚女子たち。

警察官と合コン① - ほくそ日記


ただでさえ可愛い子が更に可愛くなるために努力している事実を知り、ただでさえ全力の笑いがほくそ笑んでいると言われる根暗女に恋人なんてできるはずがない、毎回ネタで終わっていいのかと、まずは自分磨きを今更ながら始めてみようと思った。




眉毛のスレッディングと同様、
初めてのことは怖い。

眉毛スレッディング体験談はこちら

眉毛のスレッディングをやった話① - ほくそ日記

眉毛のスレッディングをやった話② - ほくそ日記


安定の情報収集。


どれを見ても病院選びが大事と書いてあった。


駅近の大きなビルの中の綺麗な所を選んだ。



担当してくれた人はマツゲファッサーなお姉さん(マツエクのお店なのだからまつ毛すごいやろなと思ったけれど想像以上にファッサーっとしていた)


着いてすぐカウンセリングが始まった。


色々調べていたがプロに任せようとお店側からしたら1番イヤであろう「お任せで!」とお願いした。


私はびっくりするくらい小さな目(一重)なのにお姉さんは

「奥二重ですよ〜一重だけど大きいですよ〜」


と言ってくれた。でもお姉さんごめん、褒められ慣れてないせいで「おふっ…そんなことないれすおふおふ」と自分でも気持ち悪いなと思う反応しかできなかった。


結局お姉さんが、自まつ毛が長さはない(結構ハッキリ言うお姉さん)が量はあるので全体的に多くしましょうと言う話になった。


そもそも今回両目で80本で申し込んだ。
片方40、40なのでやる量が少ない。


お姉さんに何度も

「80本じゃ変わりませんよ!120本にしなくていいんですか?」


と聞かれたけれど、お姉さんのまつ毛を見ながら、こうなってしまったらわたし普段化粧全然しないから目だけ浮くなと、頑なに80本でお願いします!と答えた。


まず、目の下に何か貼られる←(基本雑な説明しかしないので知りたい人はぐぐると沢山でてきます)


そしてアレヨアレヨと言う間にまつ毛を付け始められる。



結果、目を閉じていたからよくわからなかった(クソなレポですみません。詳しく知りたい人はマツエク施術等でお調べください)


気持ちよくて寝てしまいそうだった。


痛みも全くなくおわった。


お姉さんに鏡を渡された。


ファッサーとなってたらどうしようと鏡をみた。


ん?どこか変わった?まつ毛が綺麗に上をむいているかな…くらいの変化だった。


お姉さんには最後まで、やっぱり120本以上はつけないと〜と言われたけれど、個人的にはナチュラルに仕上がって満足だった。


痛みもなくよかったなと思いながら帰宅しお風呂に入った。


目はどうやって拭けばいいのかググってなかった。その後のケアのことを一切ググってなかったのでとりあえず目を触らなければいいだろう…と髪の毛を洗った…瞬間


いってええええええ

しみるしみるしみるしみる

鏡をみると真っ赤に充血!
水が入るたびに染みる。
でも、ゴシゴシ拭けない。


マツエクをしたことをはじめて後悔した瞬間だった。


後で調べるとグルーが完全に乾く前に水で濡らしてしまうとそうなることがあるらしい。

なぜ、休みの前日に行かなかったのか…。






職場の人や友人に、ほくそまつ毛どうしたの!?ギャルじゃん!と言われるかなと想像していたが

今のところ誰からもマツエクしたの?はおろかまつ毛について全く触れられないので自分から

実は…マツエクしたんですよ〜

と申告している。(きっと言い方がうざい)


だいたい、「あ、言われればまつ毛綺麗に上がってるね!」

と言われる程度。でもナチュラルってことだなと満足している(ポジティブ)


気分が上がるので続けたいがやっぱり懐が厳しいので次やるときは結婚式だな(自分の)と思っている(自分磨き発言はどこへ)

その時は160本くらいやりたいな…。


近日中にマツエクに再チャレンジできる日がくることを切実に祈っている。